Jenkins ユーザ・カンファレンス 2018 東京 – セッション/LT

タイムテーブル

カンファレンスへのお申込みはこちらからどうぞ。

懇親会のお申込みは こちら です。

時間 \ 会場 さったホール (870名) S505 (210名)
12:00~ 受付開始
12:30~13:20 基調講演:

発表者: CloudBees, Inc. 川口耕介さん (@kohsukekawa)

13:30~14:20 Session A-1:

発表者: James Rawlings さん

タイトル: Accelerate with Jenkins X

14:30~15:20 Session A-2:

発表者:Google Cloud カスタマーエンジニア 岩成祐樹 さん @yuki_iwnr

タイトル:(仮)Continuous Delivery Best Practices with Jenkins and GKE

Session B-1:

発表者: ビズリーチSREチームマネージャー 阪本稔さん (@sakamoto_desu)

タイトル: Jenkinsおじさんの育て方

15:30~16:25 Session A-3:

発表者:NTTデータAgileプロフェッショナルセンタ主任 高見将則 さん (@takamii228)

タイトル: AWSとJenkinsを活用して1年間で約500回商用デプロイした話とKubernetes活用

Session B-2: 15:30~16:00 (30分)

発表者: セガゲームス 粉川貴至 さん (@Kokawa_Takashi)

タイトル:分析ツールを用いたJenkinsインスタンス管理

Session B-3: 16:00~16:25 (25分)

発表者: 楽天株式会社 エコシステムサービス部 滝澤武さん

タイトル:Modernize deployment pipeline

16:30~17:30

LT 10min x 4~5本

LT: morihayaさん「Jenkinsを簡単運用ツールとして活用して非エンジニアに喜ばれた話」
LT: Masayoshi Sakamotoさん「Jenkins World 2018の参加報告」
LT: Yoshitaka Shirakoさん :「 Jenkinsで運用業務の改善をしてみて気づいたこと」
LT: Shoji Shirotori さん「JenkinsとCodeBuildとCloudBuildと私」
  • S505教室では、各テーブルにコンセントが備え付けられています。
  • 会場については、こちらをご確認ください。

セッション概要(さったホール)

基調講演:川口耕介さん

発表者 CloudBees, Inc. 川口耕介 (@kohsukekawa)
発表者紹介 The creator of Jenkins. CloudBees CTO.
概要 Jenkinsは、2004年から始めたのでもうすぐ15年に届く長寿プロジェクトになりました。Gartnerのハイプ曲線的にいうと成熟期に入って、昔ほど耳目を集めることはなくなった気もしますが、その分インストールベースは着々と成長をつづけ、より広く浸透して世の中を様々なソフトウェア開発の現場を広く支える存在になったと思っています。

そんなJenkinsですが、実は2018年は未だかつてない興奮にみちた一年を迎えています。というのも、色々な面白いプロジェクトが目白押しだからです。

– たゆまぬ前進を続けるパイプライン機能とユーザーインターフェースの革新(Blue Oceanプロジェクト)

– Jenkinsの設定自体に継続的デリバリが適用できるようにするConfiguration as Code

– Jenkinsを手動アップデート不要のアプライアンスにするJenkins Evergreen

– クラウド環境を活用してスケーラビリティや障害耐性を格段に向上させるCloud Native Jenkins

– Kubernetesをターゲットにしたマイクロサービス・ウェブアプリ開発を超絶簡単にするJenkins X

ぜひこれらの革新を皆さんにも知ってもらいたくて、Jenkinsユーザ・カンファレンスでは時間の許す限り僕はこの話をする予定です。またJenkins Xチームのリーダーの一人であるJames Rawlingsも来日してくれることになっています。

そういえば、最近Jenkinsってどうなっているのかあんまり聞いていないな、と思いませんか?3年前と同じ使い方しかしていないな、と思いませんか?

ぜひ、今月23日のJenkinsユーザ・カンファレンス東京に参加して下さい。今までとはひと味違う、本物のJenkinsをお見せしますよ!

川口耕介のブログ:「Jenkinsユーザ・カンファレンス東京をやります」より抜粋

キーワード
スライド

Session A-1: Accelerate with Jenkins X

発表者 James Rawlings (逐次通訳:川口耕介)
発表者紹介 OSSプロジェクト “Jenkins X” のプロジェクトリード。
ソフトウェア自動化やクラウドにpassionを持ち、継続的に、Kubernetesの開発者体験を改善する方法を追い求め、チーム開発のスピードアップを可能にしてきました。
概要 すべてのメジャーなクラウドプロバイダーがマネージドKubernetes を提供しているとおり、今や開発者にとって、Kubernetes は業界標準と言えるでしょう。Kubernetesの登場により、自動化され、一貫性を保った方法で多様なアプリケーションをビルド、パッケージ、デプロイすることが可能となり、開発者は開発そのものに集中できるようになりました。

これは同時に、innovative なオープンソースの世界が、クラウドネイティブなプロジェクト、開発ツールに取り組んでいることも意味します。それによって、我々はクラウドの利点を更に活かすことが可能となります。このセッションでは、最新のbest of breadな技術を、書籍Accelerate (Nicole Forsgren, Jez Humble and Gene Kim著) から引用した機能と結びつけながら、新たなOSS project である “Jenkinx X” をお見せします。この書籍(Accelerate) は、DevOpsワールドの刺激的なオピニオンリーダーやデータサイエンティストによって導かれた、現実のチームから集められた何年にもわたるデータに基づいたアドバイスを含んでいます。数枚のスライドの後に、いかにして “Jenkins X” を使ってタスクを完了させていくか、をデモを交えながらお話しします。

– あなたが選んだクラウドで、あなたのJenkinsを簡単にセットアップ
– 自動化されたCI/CDにより、マイクロサービスの新規開発を素早く開始
– 既存のプロジェクトを自動化されたCI/CDにインポート
– 会話的なPull Requestを活用し、CIワークフローをコントロール
– Pull Requestにより、CIをトリガー、環境をプレビュー、承認、そして完全な継続的デリバリーによるリリース
– helm chatsやGitOpsを通じて、テスト環境、ステージング環境、一時的な環境、本番環境に自動的にプロビジョニングこのセッションに参加された後には、どんな言語やクラウド、kubernetes クラスターであろうとも、クラウド ネイティブなやり方で CI / CD を実践し、フルスピードで開発ができるようになることでしょう!

さぁ、もっとスピードをあげていきましょう!

キーワード Jenkins X, Kubernetes
スライド

Session A-2: Continuous Delivery Best Practices with Jenkins and GKE

発表者 Google Cloud カスタマーエンジニア 岩成祐樹 (@yuki_iwnr)
発表者紹介 Google Cloud カスタマーエンジニア。
Google Cloud Platform の導入支援やセミナー等の登壇を通して GCP を日本のお客様に広めるための活動を行なっている。また、Jenkins に関するコミュニティ活動などにも取りんでいる。
概要 Google Kubernetes Engine は、コンテナ化されたアプリケーションをデプロイ、管理するためのマネージド環境です。また、Google Cloud Platform には、Kubernetes を使ったCI/CDに利用可能なマネージドサービスがあります。

本セッションでは、Kubernetes や他のプラットフォームの安定したCI/CDパイプラインを構築するために、どのようにデプロイし、設定し、Jenkins / GCP のマネージドサービスを活用するかをご紹介します。

キーワード Google Cloud Platform, Google Kubernetes Engine, GKE, CI/CD
スライド

Session A-3:  AWSとJenkinsを活用して1年間で約500回商用デプロイした話とKubernetes活用

発表者 NTTデータAgileプロフェッショナルセンタ主任 高見将則 (@takamii228)
発表者紹介 社内の複数のプロジェクトに対して、サービスを高速にリリースするための開発基盤の提供及びCI/CD環境の構築・運用支援に従事している。
概要 とあるWebサービスの開発案件において、AWSとJenkinsを活用したCI/CDパイプラインを構築し、1日にほぼ10回リリースを実現しました。サービス開始後もリリースを積み重ね、Jenkinsを通じて1年間で約500回近くも商用リリースを実施しています。本セッションではここまで頻繁なリリースを実現するために行ったパイプライン設計やチームビルディング、運用中に発生した問題解決などについてお話します。

また現在はGitLabやJenkinsなどの開発基盤をKubernetesで運用しており、Kuberenetes上でJenkinsをどのように動しているかについてもお話します。

キーワード Continuous Integration、Continuous Delivery、1日10回リリース、AWS、Infrastructure as a code、Docker、Kubernetes
スライド

セッション概要(S505)

Session B-1: Jenkinsおじさんの育て方

発表者 ビズリーチSREチームマネージャー 阪本稔(@sakamoto_desu)
発表者紹介 SREチームでJenkinsの運用とマネジメントを担当。前職ではオンプレミス+Winodwsが中心のJenkins環境だったが現在はAWS中心に。
概要 Jenkinsを運用できる人材は足りていますか?CI/CD、DevOps、SREなど開発を取り巻く環境が進化していく中で、Jenkinsは重要性を増しています。Jenkinsおじさん=Jenkinsエキスパートを育てる方法をSREのエッセンスを取り入れつつお話しさせて頂きます。
キーワード 育成、SRE
スライド

Session B-2: 分析ツールを用いたJenkinsインスタンス管理

発表者 株式会社セガゲームス 開発技術部 ビルドエンジニア 粉川 貴至(@Kokawa_Takashi)
発表者紹介 CEDECなどのカンファレンスでゲーム開発でのJenkins活用などをしばしば話しています。
概要 Jenkinsで自動化を行った際に、動作させるインスタンスのパフォーマンス監視などを分析ツール(Elasticsearch,Splunk)を用いて行うメリットを紹介します。手元のPCでの簡単なデモもお見せできればと思います。
キーワード インスタンス管理、Elastic Stack、Splunk Plugin for Jenkins
スライド

Session B-3: Modernize deployment pipeline

発表者 楽天株式会社 エコシステムサービス部 滝澤武
発表者紹介 楽天の会員情報を扱う部署のDevOpsチームリーダー。年代物のプラットフォームやCI/CDパイプラインに敬意を払いつつ、改善活動中。
概要 自部署のデプロイメントパイプラインや開発環境に関する問題に対して、JenkinsのPluginを活用して解決した事例を紹介します。FreestyleのJenkins Jobを運用している方が、Pipelineへ移行する際の参考になれば幸いです。また、Multibranch PipelineとKubernetesでスケーラブルな開発環境を提供するノウハウを紹介いたします。
キーワード Pipeline、 Modernize、 Kubernetes
スライド

LT (さったホール) 16:30~17:30

LT: Jenkinsを簡単運用ツールとして活用して非エンジニアに喜ばれた話

発表者 morihayaさん (@morihaya55)
キーワード
スライド

LT: Jenkins World 2018の参加報告

発表者 Masayoshi Sakamotoさん
キーワード DevOps World/Jenkins World
スライド

LT: Jenkinsで運用業務の改善をしてみて気づいたこと

発表者 yoshitaka shirakoさん (@y0shirak0)
キーワード
スライド

LT: JenkinsとCodeBuildとCloudBuildと私

発表者 Shoji Shirotori さん (@irotoris)
キーワード Jenkins, Cloud Build, Code Build
スライド

LT:

発表者
キーワード
スライド