Jenkins ユーザ・カンファレンス 2015 東京 – Jenkins Boot Camp Community Edition

Jenkins Boot Camp Community Editionとは?

Jenkins Boot Camp Community Editionでは実際に手を動かしながらハンズオン形式でJenkinsの使い方を学ぶことができます。

コンピュータを持ち込んでいただく必要がありますが、環境をそのまま持ち帰れるため、Boot Camp後の復習も可能です。

対象

  • これからJenkinsを使おうしている人
  • 一度チャレンジしたが挫折してしまった人

アジェンダ

  • Jenkinsのインストール
  • ビルド
  • 自動ユニットテスト
  • 静的解析
  • カバレッジ測定
  • GUIテスト
  • アプリケーションサーバーへのデプロイ
  • 指紋によるビルドの追跡
  • ビルドプロモーション
  • ビルドパイプラインの可視化
  • バックアップ
  • 認証と認可

必要なもの

  1. 無線LANが使えるコンピュータ
  2. VirtualBox 4.3.18以上(OSはWindows 7以上、もしくはMac OS X Yosemite以上推奨)

お申込み

connpassからお申込みください。会場・設備・チューターの都合上、定員が24名のため、connpassの抽選機能を使って当日ご参加できる方に、後日ご連絡差し上げます。

注意事項

Jenkins Boot Camp Community Edtionにご参加いただくと、基調講演とLT以外のセッションにはご参加できなくなります。

備考

翔泳社で開催しているJenkins Boot Camp(Agile Academy Edtion)とは内容が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA